2020-06-16に見た夢の話 version 1

2020/06/17 22:16 by sam0044246
  :追加された部分   :削除された部分
2020-06-16に見た夢の話
精霊(妖精)世界

自然界の妖精が存在する世界の話。
文明レベルは一昔前程度に見えたが、現代の田舎レベルでもいけそう。

-妖精
妖精は自然に祝福やイタズラを与え、人々に認知されて存在している。

迷いの森だとか、爆発する石、体に良かったり良い香りの草、すごく綺麗な蜘蛛の巣や、落ちると不思議な事がおこる水溜まりだとかを作る。
それに引っかかった人間が妖精の存在を感じることで、妖精は存在している。

人に忘れられた時が寿命で、人に認知されない妖精はどんどん死んで入れ替わっている。

人には通常見えないが、疎通の為に人の形をとり、人の言葉で話すこともある。
大きさは人間程度になる。子供だったり大人だったりする。
人に見えることで分かりやすくなり、力をえやすくなったり、同一個体での寿命が増えたりする。

名前などあると、特に生きやすい。

長生きしたらそれだけ出来ることも増えるし、意思もつよく、口も達者になる。
人の姿をもち、人の前に出てくる妖精にはそこまで至ったものが多い。
(妖怪や精霊などとも呼ばれてるのかも)

-祭り
小さくすぐ入れ替わる妖精の延命(認知の炊き出し)として、人の行う祭りが存在する。
色々な儀式もあったりするが、そういうのは別に意味なく、名前のない小さな妖精が居ると思い出す事が肝心。

小さな妖精がこの一瞬死なないことで、豊かになる自然がある。
別に死んでもすぐ新しく生まれるからどっちでもいいのだけど。

*** 

-幻獣
それとは別に幻獣というものも存在する。
主にドラゴンなど。ドラゴンは人に懐く。

幻獣は実体ある獣なので、忘れられても消えたりはしないが、忘れられてるとエネルギー不足で成長が遅れがちだし、小さいうちにあまりにもエネルギーが得られないと飢え死ぬ。

人と関わったほうが成長もよく、幼かったり若い幻獣はよく人と絆を結びたがる。
成長の速さは寿命の短さにもなるけど、人間としばらく一緒にいてすぐ老衰するわけでないし。気楽。

幼いうちは特に獣らしく、気性も荒いが、それでも本能的に他の生物を好む。
仲良しの生物にはすごく懐いたり、執着したりする。
余裕で死ぬまで見てるし、子孫代々飽きるまで見てたりする。

自分から祭りを行わせる幻獣はあまり存在しない。
妖精と違い、無意味に認知を集めても死ぬのが早くなるだけだからだ。
老いた幻獣だと、祭りなんかするなと山から降りてくるくらい鬱陶しいらしい。

幼い幻獣だとすごく喜ぶ。
普段見てあげてるのがご飯なら、お祭りはご馳走のようなもの。
毎年誕生日パーティーしてあげよう。

-魔獣
ドラゴンに対応するのは、ワイバーンや恐竜。
山の幻獣は熊や猪に、海の幻獣は巨魚や海豚や鯨に。

幻獣が幼いうちから何者にも認知されず、食べ物だけで生きてると獣になってしまうし、一度そうなるとどれだけ食べても獣並の寿命で死んでしまう。

魔獣がまれに人を襲うのは幻獣としての死に際、最後の最後に認知を求めているため。
人を襲う魔獣は強大な害獣なので、だいたい殺されるが、捕まえて大切に見てあげると、人を襲わない存在に戻ることもある。
村が総出で敬って、お祭りなどしたら割とすぐ戻る。

魔獣は栄養不良で育った子供の様なもので、認知してエネルギーをあげても並の幻獣より成長は遅れており、人の生きてるうちに、言葉を話せるまでに戻すのは難しい。

****

-人間
獣の一種。
不思議を認知し、存在させる力が他の生き物よりかなり強い。
その特性から妖精や幻獣に守られ、繁栄している。

妖精や幻獣に限らず、草花や他の獣も認知し育てて増やすし、好きなように地形も変えるし、とても変わっている。

だが獣の一種でもあるので、他の獣を狩って食べたりもする。

幻獣は半分幻なので、人間を含む獣にとっては食べても栄養にしづらいらしい。
魔獣は食べれるが、種類によっては美味しくない。


-獣
堕ちた魔獣の子孫たち。植物やほかの獣を食べて存在している。
人間ほどでないが、意思があるので、少しの認知と存在させる力をもつ。
食べ物があれば、認知されなくても生きていける。


-植物、自然物
妖精のおもちゃ。
人間は妖精の宿らない草すら雑草と呼び、認知を与え存在させようとする。
意志をもたず、認知し存在させる力を持たない。
獣に食われたりする。


-伝説
幻獣と妖精が居た。
妖精は生まれては消えて、また生まれていた。
幻獣の半分の獣の部分に支えられ、幻獣は幻獣のままでいた。

幻獣のまま生きられない幻獣は魔獣となり、次に獣になった。
獣の小さな認知の力で、幻獣は幻獣のまま居られるように、妖精は僅かに長く存在出来るようになった。

ある時、獣から、更に認知に長けた獣が生まれた。
獣として生きる力はなかったが、幻獣と妖精にとって、とても都合の良い獣で、幻獣たちは彼らを守ることにした。
それを人間という。

幻獣に安寧が訪れた。

人間が現れるまで、妖精は力のない存在だったが、力を得て、さらに長く生きれたならば、妖精も意思も持つようになる。

世の中は更に豊かになった。      

精霊(妖精)世界

自然界の妖精が存在する世界の話。
文明レベルは一昔前程度に見えたが、現代の田舎レベルでもいけそう。

-妖精
妖精は自然に祝福やイタズラを与え、人々に認知されて存在している。

迷いの森だとか、爆発する石、体に良かったり良い香りの草、すごく綺麗な蜘蛛の巣や、落ちると不思議な事がおこる水溜まりだとかを作る。
それに引っかかった人間が妖精の存在を感じることで、妖精は存在している。

人に忘れられた時が寿命で、人に認知されない妖精はどんどん死んで入れ替わっている。

人には通常見えないが、疎通の為に人の形をとり、人の言葉で話すこともある。
大きさは人間程度になる。子供だったり大人だったりする。
人に見えることで分かりやすくなり、力をえやすくなったり、同一個体での寿命が増えたりする。

名前などあると、特に生きやすい。

長生きしたらそれだけ出来ることも増えるし、意思もつよく、口も達者になる。
人の姿をもち、人の前に出てくる妖精にはそこまで至ったものが多い。
(妖怪や精霊などとも呼ばれてるのかも)

-祭り
小さくすぐ入れ替わる妖精の延命(認知の炊き出し)として、人の行う祭りが存在する。
色々な儀式もあったりするが、そういうのは別に意味なく、名前のない小さな妖精が居ると思い出す事が肝心。

小さな妖精がこの一瞬死なないことで、豊かになる自然がある。
別に死んでもすぐ新しく生まれるからどっちでもいいのだけど。

***

-幻獣
それとは別に幻獣というものも存在する。
主にドラゴンなど。ドラゴンは人に懐く。

幻獣は実体ある獣なので、忘れられても消えたりはしないが、忘れられてるとエネルギー不足で成長が遅れがちだし、小さいうちにあまりにもエネルギーが得られないと飢え死ぬ。

人と関わったほうが成長もよく、幼かったり若い幻獣はよく人と絆を結びたがる。
成長の速さは寿命の短さにもなるけど、人間としばらく一緒にいてすぐ老衰するわけでないし。気楽。

幼いうちは特に獣らしく、気性も荒いが、それでも本能的に他の生物を好む。
仲良しの生物にはすごく懐いたり、執着したりする。
余裕で死ぬまで見てるし、子孫代々飽きるまで見てたりする。

自分から祭りを行わせる幻獣はあまり存在しない。
妖精と違い、無意味に認知を集めても死ぬのが早くなるだけだからだ。
老いた幻獣だと、祭りなんかするなと山から降りてくるくらい鬱陶しいらしい。

幼い幻獣だとすごく喜ぶ。
普段見てあげてるのがご飯なら、お祭りはご馳走のようなもの。
毎年誕生日パーティーしてあげよう。

-魔獣
ドラゴンに対応するのは、ワイバーンや恐竜。
山の幻獣は熊や猪に、海の幻獣は巨魚や海豚や鯨に。

幻獣が幼いうちから何者にも認知されず、食べ物だけで生きてると獣になってしまうし、一度そうなるとどれだけ食べても獣並の寿命で死んでしまう。

魔獣がまれに人を襲うのは幻獣としての死に際、最後の最後に認知を求めているため。
人を襲う魔獣は強大な害獣なので、だいたい殺されるが、捕まえて大切に見てあげると、人を襲わない存在に戻ることもある。
村が総出で敬って、お祭りなどしたら割とすぐ戻る。

魔獣は栄養不良で育った子供の様なもので、認知してエネルギーをあげても並の幻獣より成長は遅れており、人の生きてるうちに、言葉を話せるまでに戻すのは難しい。

****

-人間
獣の一種。
不思議を認知し、存在させる力が他の生き物よりかなり強い。
その特性から妖精や幻獣に守られ、繁栄している。

妖精や幻獣に限らず、草花や他の獣も認知し育てて増やすし、好きなように地形も変えるし、とても変わっている。

だが獣の一種でもあるので、他の獣を狩って食べたりもする。

幻獣は半分幻なので、人間を含む獣にとっては食べても栄養にしづらいらしい。
魔獣は食べれるが、種類によっては美味しくない。

-獣
堕ちた魔獣の子孫たち。植物やほかの獣を食べて存在している。
人間ほどでないが、意思があるので、少しの認知と存在させる力をもつ。
食べ物があれば、認知されなくても生きていける。

-植物、自然物
妖精のおもちゃ。
人間は妖精の宿らない草すら雑草と呼び、認知を与え存在させようとする。
意志をもたず、認知し存在させる力を持たない。
獣に食われたりする。

-伝説
幻獣と妖精が居た。
妖精は生まれては消えて、また生まれていた。
幻獣の半分の獣の部分に支えられ、幻獣は幻獣のままでいた。

幻獣のまま生きられない幻獣は魔獣となり、次に獣になった。
獣の小さな認知の力で、幻獣は幻獣のまま居られるように、妖精は僅かに長く存在出来るようになった。

ある時、獣から、更に認知に長けた獣が生まれた。
獣として生きる力はなかったが、幻獣と妖精にとって、とても都合の良い獣で、幻獣たちは彼らを守ることにした。
それを人間という。

幻獣に安寧が訪れた。

人間が現れるまで、妖精は力のない存在だったが、力を得て、さらに長く生きれたならば、妖精も意思も持つようになる。

世の中は更に豊かになった。