0 自分史、私 みんなに公開

はしがき

まず初めに、私はここに、色恋沙汰やネガティヴすぎるような、同情を誘う様な出来事は一切書かない。
理由は様々だが、あまり書くのは好きではないのだ。
今からここに、私の18年間を書き記す訳だが、私はこの自分史を通して、今一度、霞のように消えかかっている過去を振り返り、

高校生

ウイルスや思想に左右され、惑う事態になっている。私もまたその一人であった。
都内の専門学校(音楽関係)への進学が決まった私は、今以上に、この混乱の渦に巻き込まれぬ様にならなければいけない。

2019年11月22日に初めて確認されたとされるウイルス性肺炎。当時高校2年生だった私は、ちょうど、政治やニュースに関心を持ち始めていた頃だった。
国内での流行は2020年に入ってからだったため、当時は今ほど大きく報道されてはいなかったが、非常に恐怖した記憶がある。
未知のウイルスの発生、拡大はもちろん恐ろしいと感じていたが、私が当時何より恐れていたのは、不確かな情報による大衆の混乱であった。(私含め)
この様なことになる前、大体高校入学時まで一旦遡ってみる。
はっきり言うと私は自分から望んでこの学校に来たわけではなかった。当時の私はやりたい事もないまま高校入学を迎えた訳だが、まあ、ある程度楽しく過ごせれば良いだろう、といった具合だった。今現在はどうであれ、入学当初から仲の良くなった人もありがたいことに多かった。
部活動は、入学前から、軽音楽部に入部しようと決めていた。これは大きな選択だった。
ベーシストとして軽音楽部に入部した。初めて楽器を始めた。
軽音楽部での様々な出逢いは、とても良いものであった。入部当時の部長は、今現在も関わりがある。同い年の友人、バンドメンバーも出来た。
本格的に音楽に興味を持つようになったのは高校2年生の夏頃だった。
大きなきっかけなどがあった訳では無かった。先輩のライブを観に行ったり、自分がライブをしたり、様々なライブハウスに、観る側や演る側で足を運んだ。
そういったことの積み重ねで、音楽への興味がだんだん強くなっていった。
いつからか曲を作り、いつからかギターを持った。

この高校に入学して良かったことは、間違いなく、軽音楽部に出会えた事だと思う。

中学生

先述の通り、やりたい事が無かった中学3年生、普通の男子。
珍しく友達もある程度いた気がする。
中学校は春日部市立中野中学校というところだ。全学年4クラスだった。
今思い返すと、中学3年生の頃は、少し反抗期があった様な気がする。
両親が発する言葉1つ1つに、私は圧迫されている様に思えた。当時、それはかなりのストレスだった。

当時の偏差値は57ほどだった。勉強は本当に嫌いであったため、偏差値ギリギリの所への挑戦は全くといっていいほど望んでおらず、偏差値40台の学校で十分だと思っていた。初めての「受験」というものは、正直希望などは一切なく、ストレスしか感じなかった。

そんな状況になる前、中学2年生の自分。
今以上にのうのうと生きていた気がする。

当時は進級後、少しして、野球部に転部して活動していた。
元々少年野球を1年ほどやっており、それを知っていた当時の担任(野球部の顧問)からの誘いだった。
私は2つ返事で誘いに乗った。
少年野球時代に同じチームだった人、対戦経験のあるチームに所属していた人など、中学校以前からの友人や顔見知りの人が多くいたのも、2つ返事の理由だったかもしれない。
久々にして中学校初の練習。
正直、私自身も驚くほど、全く動けなかった。
基礎的な事は、ある程度は出来たが(未熟ではあるが)、おそらく小学校高学年の子の方が上手いと思う。そのくらい酷いものだった。

0

メモを他の人に見せる

このメモを見せたい人に、このURL(今開いているページのURLです)を教えてあげてください

コメント(0)

  • someone

  • someone