0 【叶慧(生前)】 みんなに公開

叶慧の生前の姿。降り立った叶慧によって告げられた事実。

・容姿
銀の髪、赤と青のオッドアイという異端な容姿を持つ。

・経緯
宗教的な思想の強い、山の奥の小さな集落に生まれた少女。その容姿から「怪物の子」「悪魔の手先」などと呼ばれ、赤子の頃から迫害を受ける。生前の名前は与えられていない。
奇跡的な生命力を持ち、やけどをしても瞬く間に回復したり、崖から落とされても怪我ひとつ残らなかった。
その事実がさらに怪物の象徴となって村人の偏見はさらに強まり、村人からの虐待や体罰は一層過激化する。苦しくなった叶慧は自殺を望むようになる。
しかし教養がないため死に方がわからず、15まで生き抜いた。(強すぎる生命力ゆえに簡単には死ななかったのも大きい)

・叶慧に起きた超常現象の数々
これらの事象が重なり、「怪物の子」という偏見は事実へと変容していった。括弧内はその現象が確認された歳。
多少のかすり傷などは即時修復する。(0歳以降)
火に焼かれても死なず、やけどが一瞬で癒える。(0歳)
川流しにされても溺れず、3日ほどで村に帰ってくる。(2歳)
ろくな食べ物も貰えないのに餓死しない。(3歳以降)
刃物が肌に触れると一瞬で錆びて粉々に砕ける。(5歳)
どんな紐も首を締めるのに使うとちぎれる。(6歳)
石を呑まされても窒息せず、吐き出した石が鉱石に変わる。(14歳)
この鉱石に触れると高い電圧が流れ、触れるものは即死した(叶慧はもちろん例外)。この石から黒い怪物(影魔)が生まれ、村人を襲い、畏怖の象徴がより一層強まる。(14歳)
村人が襲われて死ぬごとにその石からは新しい影魔が生まれ、村人が全滅するまでに数を増やした。(14歳以降)
影魔に頼み込んで自分のカルナを吸い続けてもらい、嫌だった記憶も苦しかった感情も全てを吸い取られてその命を絶った。(15歳)

・死後
死んだことにより別次元に飛ばされ人としての感情を失ったが、この世界を観測できる立場だったため干渉はせずに見守っていた。
また、生前に自分が超常現象を起こした原因を人々のカルナだと推察していて、自分に向けられて放たれた村人たちの悪意のカルナが自分の中に溜め込まれ、そのカルナが形質変化を起こして様々な超常現象を呼んでいたという推論を立てる。
人々にとって脅威となる影魔を産んだことに罪の意識があり、人類が滅びそうになった時は、直接世界に干渉しないものの、カルナをエネルギーに変換できる装置(ペンダント)をさりげなく人類に与えている。

メモを更新するにはあいことばの入力が必要です

0

メモを他の人に見せる

このメモを見せたい人に、このURL(今開いているページのURLです)を教えてあげてください

コメント(0)

  • someone

  • someone