これは私たちが紡いだ希望の物語 プロット 【B】 version 2

2022/04/27 21:16 by sagitta_luminis sagitta_luminis
  :追加された部分   :削除された部分
(差分が大きい場合、文字単位では表示しません)
これは私たちが紡いだ希望の物語 プロット
大まかなあらすじのイメージであり、目指す方向性の指針を示したもの。必ずしもここに書かれているように展開する必要はない。


〇第一章 “花森健人〇第一章 “リーン
大学生の花森健人は、「あさひろば」でボランティア活動に励みながら《平凡》で《穏便》な生活を送っていた。ふとしたきっかけで耳にした“怪物”、そして“赤髪の魔女”という非日常的でオカルトチックなワードが少し気になっていると、心の奥深くにある絶望を狙う悪魔が健人の前に現れる。なす術のない健人は悪魔に胸を貫かれ、想像を絶する痛みと苦しみから健人の脳裏を走馬灯が駆け巡る。しかし、あの展望台の灯りが過った時、あの時のような暖かい光が刺し貫かれた健人の胸から放たれる。胸の光は白き鴉を象った人型の異形へと形を変え、健人の前に現れる。自らを「ネーゲル」と名乗るその白鴉は、健人に加勢して悪魔と戦い、追い払うことに成功する。
気付くと健人の体は、鍬形虫を模した異形の姿となっていた。ネーゲルに手ほどきを受けて元の姿に戻ると、ネーゲルも再び白い光となって健人の胸の中に入り込んでしまった。

(以後未確定)
・ネーゲルはあの悪魔を総括して「エクリプス」と呼び、絶望を糧に栄える種族だということや絶望させた対象を宿主と呼ぶことなど、エクリプスについての概要を健人に告げる。ネーゲル自身もエクリプスのひとりなのだが、“謎の呪い”にかけられてなぜか白い体色になった上、宿主の身体から出られないと言う。ただし、健人が変身すると一時的に外へ出て自由に動けるようになる。
・しかしエクリプスがどこから来たのか、何が目的なのかネーゲルは知らないという。もちろん、“赤髪の魔女”についても。
・ネーゲルは健人が身けてダー呪い根源なないかと睨んでおり、健人が変身していない間はキーホルダーを媒介に健人と会話してくる「それを手放せ」「嫌だ」
健人が変身していない間、ネーゲルは健人の脳内直接呼びかけて。そため、ネルが健人以外他者と話せるのはリーンの変身中のみ
・健人と同じ大学、友人の横尾和明は自身の恋人が巻き込まれた怪事件を追っているうちに健人の正体を目撃し、やがて健人とともに怪事件調査班を立ち上げる。

・怪事件を追う中で、健人の変身態「リーン」をエクリプスと勘違いした“赤髪の魔女”に襲われる。しかし、人々を庇いながらエクリプスと戦う魔女の姿に、健人は魔女を敵対視しなかった。
その後も何度か魔女がエクリプスと戦っている場面に遭遇し、和明の提案もあり魔女と接触してみることに。魔女からはエクリプスの気配を察知され警戒されるも、前回ただ逃げるだけったリーンの様子を思い出し、話に応じることに。
その後も何度か魔女がエクリプスと戦っている場面に遭遇し、和明の提案もあり魔女と接触してみることに。魔女からはエクリプスの気配を察知され警戒されるも、前回ただ逃げるだけで攻撃の意思を示さなかったリーンの様子を思い出したリュミエは、話に応じることに。
・魔女は名をリュミエ、連れている使い魔をエウィグという。エウィグは「“部外者”に教えられる情報は少ない」と言い二人を拒絶するが、リュミエは二人の力になれるならと、話せる範囲でエクリプスの情報を開示する。
・しかし、リュミエ自身に関する質問にはまともに答えてもらえなかった。
「私? 私は……この街と人が大好きなただの魔法使いです」



〇第二章 “燎星心羽”

燎星心羽は中学生として過ごしながら、裏でリュミエとしてエクリプスと戦い人々を絶望から守る、二重の生活を送っていた。そんな中、エクリプスの気配を纏う人間———「花森健人」と出会う。イレギュラーな白いエクリプスをその内に飼うという奇妙な構造の謎を健人自身と共に追いながら、ただ守られるだけの一市民ではなく、肩を並べて共に戦う唯一の仲間として、次第に距離を縮めていく。

・怪事件調査班の協力者としてレストランでの会議に参加した際、初めて燎星心羽の姿で健人たちの前に現れる。この時に心羽がリュミエであることの秘匿を二人に約束させる。
・心羽は「魔法を使うけど星を見るために都会からやってきた普通の人間」だと嘘の自己紹介をし、自身の本当の出自を伏せようとした。
・健人が燎星心羽と初めて接触した時、ネーゲルは「こいつの魔力、どこかで…」と健人脳内で発言しており、その正体は定かではないものの、身に覚えのあるような様子を見せる。
・後日、比較的上位のエクリプスと遭遇した際に「なぜボイジャーがここに…」と問われる。リュミエとリーンは応じることなく撃退するが、戦闘後健人からそのことを聞かれ、自身が宇宙人であることやここに至るまでの経緯を話した。
「あの時嘘をついたのは…人間じゃないって思われたくなかったから。お願い、このことは二人だけの秘密にしておいて…」

・心羽の普段と違う弱さを見た健人は、その面影を二年前に会った“展望台の少女”と重ねてしまう。しかし、普段の心羽とのギャップや、展望台の少女は魔法など無縁の普通の少女だったことなどの理屈を並べ、偶然だ、別人だと自身に言い聞かせる。そうでもしないと、心羽に想いを寄せてしまいそうだから…



〇第三章 “花森健人”

      

大まかなあらすじのイメージであり、目指す方向性の指針を示したもの。必ずしもここに書かれているように展開する必要はない。

〇第一章 “リーン”

大学生の花森健人は、「あさひろば」でボランティア活動に励みながら《平凡》で《穏便》な生活を送っていた。ふとしたきっかけで耳にした“怪物”、そして“赤髪の魔女”という非日常的でオカルトチックなワードが少し気になっていると、心の奥深くにある絶望を狙う悪魔が健人の前に現れる。なす術のない健人は悪魔に胸を貫かれ、想像を絶する痛みと苦しみから健人の脳裏を走馬灯が駆け巡る。しかし、あの展望台の灯りが過った時、あの時のような暖かい光が刺し貫かれた健人の胸から放たれる。胸の光は白き鴉を象った人型の異形へと形を変え、健人の前に現れる。自らを「ネーゲル」と名乗るその白鴉は、健人に加勢して悪魔と戦い、追い払うことに成功する。
気付くと健人の体は、鍬形虫を模した異形の姿となっていた。ネーゲルに手ほどきを受けて元の姿に戻ると、ネーゲルも再び白い光となって健人の胸の中に入り込んでしまった。

(以後未確定)
・ネーゲルはあの悪魔を総括して「エクリプス」と呼び、絶望を糧に栄える種族だということや絶望させた対象を宿主と呼ぶことなど、エクリプスについての概要を健人に告げる。ネーゲル自身もエクリプスのひとりなのだが、“謎の呪い”にかけられてなぜか白い体色になった上、宿主の身体から出られないと言う。ただし、健人が変身すると一時的に外へ出て自由に動けるようになる。
・しかしエクリプスがどこから来たのか、何が目的なのかネーゲルは知らないという。もちろん、“赤髪の魔女”についても。
・健人が変身していない間、ネーゲルは健人の脳内に直接呼びかけてくる。そのため、ネーゲルが健人以外の他者と話せるのはリーンの変身中のみ。

・健人と同じ大学、友人の横尾和明は自身の恋人が巻き込まれた怪事件を追っているうちに健人の正体を目撃し、やがて健人とともに怪事件調査班を立ち上げる。

・怪事件を追う中で、健人の変身態「リーン」をエクリプスと勘違いした“赤髪の魔女”に襲われる。しかし、人々を庇いながらエクリプスと戦う魔女の姿に、健人は魔女を敵対視しなかった。
その後も何度か魔女がエクリプスと戦っている場面に遭遇し、和明の提案もあり魔女と接触してみることに。魔女からはエクリプスの気配を察知され警戒されるも、前回ただ逃げるだけで攻撃の意思を示さなかったリーンの様子を思い出したリュミエは、話に応じることに。
・魔女は名をリュミエ、連れている使い魔をエウィグという。エウィグは「“部外者”に教えられる情報は少ない」と言い二人を拒絶するが、リュミエは二人の力になれるならと、話せる範囲でエクリプスの情報を開示する。
・しかし、リュミエ自身に関する質問にはまともに答えてもらえなかった。
「私? 私は……この街と人が大好きなただの魔法使いです」

〇第二章 “燎星心羽”

燎星心羽は中学生として過ごしながら、裏でリュミエとしてエクリプスと戦い人々を絶望から守る、二重の生活を送っていた。そんな中、エクリプスの気配を纏う人間———「花森健人」と出会う。イレギュラーな白いエクリプスをその内に飼うという奇妙な構造の謎を健人自身と共に追いながら、ただ守られるだけの一市民ではなく、肩を並べて共に戦う唯一の仲間として、次第に距離を縮めていく。

・怪事件調査班の協力者としてレストランでの会議に参加した際、初めて燎星心羽の姿で健人たちの前に現れる。この時に心羽がリュミエであることの秘匿を二人に約束させる。
・心羽は「魔法を使うけど星を見るために都会からやってきた普通の人間」だと嘘の自己紹介をし、自身の本当の出自を伏せようとした。
・健人が燎星心羽と初めて接触した時、ネーゲルは「こいつの魔力、どこかで…」と健人脳内で発言しており、その正体は定かではないものの、身に覚えのあるような様子を見せる。
・後日、比較的上位のエクリプスと遭遇した際に「なぜボイジャーがここに…」と問われる。リュミエとリーンは応じることなく撃退するが、戦闘後健人からそのことを聞かれ、自身が宇宙人であることやここに至るまでの経緯を話した。
「あの時嘘をついたのは…人間じゃないって思われたくなかったから。お願い、このことは二人だけの秘密にしておいて…」

・心羽の普段と違う弱さを見た健人は、その面影を二年前に会った“展望台の少女”と重ねてしまう。しかし、普段の心羽とのギャップや、展望台の少女は魔法など無縁の普通の少女だったことなどの理屈を並べ、偶然だ、別人だと自身に言い聞かせる。そうでもしないと、心羽に想いを寄せてしまいそうだから…

〇第三章 “花森健人”