0 『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感想 その3 みんなに公開

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感想『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感想 その2の続きです。


アメリカ時間の2020年4月27日夜(日本時間の28日午前)、オタク向け情報サイトComicBook.comが主催するQuarantine Watch PartyがTwitter上で開催されました。

Quarantine Watch Partyとは、パンデミック下でも楽しく自宅で過ごせるよう企画されたイベントです。指定の時間に指定の作品を再生し、#QuarantineWatchPartyというタグをつけてツイートすることで、大勢と雑談しながら鑑賞する気分が味わえます。

過去には『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』やガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズ二作が選ばれ、監督のキャシー・ヤンやジェームズ・ガン、主演俳優のクリス・プラットが撮影秘話をツイートしています。

27日のQuarantine Watch Partyは『アベンジャーズ/エンドゲーム』でした。監督のルッソ兄弟と脚本家のマルクス&マクフィーリーが実況に参加しました。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感想『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感想 その2を書き散らした上に『ペギー・カーターの沈黙』を訳してもう何も書くことはないと思っていたんですが、マルクス&マクフィーリーがまたよけいなことを……。

たとえば、「老人のスティーブが(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』内で行われた)ペギーの葬儀に参列していたという説を支持しますか?」というツイートに対して、クリストファー・マルクスは「その考えはとても幸せな気分になるね。支持するよ」と答えています。

(通常、実況に参加する関係者は自身のTwitterアカウントを使用するのですが、マルクス&マクフィーリーは持っていないようです。ComicBook.comのアカウントを介してコメントしています。文章の最後につけられたCMはクリストファー・マルクス、SMはスティーブン・マクフィーリーのイニシャルです)

https://twitter.com/ComicBook/status/1254950936935464961


意味がわからない。わからないオブわからない。なんで同じ世界線に二人のスティーブがいるの?エンドゲームは真面目に考えるだけ無駄なの?


『アベンジャーズ・アッセンブル』の前に、キャップが立ち上がって割れた盾のベルトをきつく締めてサノスとチタウリ軍を見ながら『I can do this all day』と言うシナリオを書いたことはありますか?」という質問に対しては、スティーブン・マクフィーリーが「(『I can do this all day』は)もう使っちゃった」と答えています。


いやほんとなんであそこで使うの?笑いが取れるから?一番盛り上がるとこで言わせるより大事なの?たいして面白くないのに?

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1137041532928684032


どうして『アメリカのケツ』というセリフが生まれたんですか?」という質問に対しては、クリストファー・マルクスが「特に理由はない。彼のお尻をただ称賛したかっただけなんだ」と答えています。


ナターシャに「ロシアのケツ」とか言わないよね?称賛だろうがセクハラはセクハラだよね?

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛


・追記
『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感想 その4

0

メモを他の人に見せる

このメモを見せたい人に、このURL(今開いているページのURLです)を教えてあげてください