0 これは私たちが紡いだ希望の物語 No.1 アバン (改修中) みんなに公開

その日、人の心に巣食う怪物らの蜂起によって、少女と青年の世界——朝憬市(あかりし)は壊されようとしていた。街や人の様相は未だ日常のそれだが、日食によって暗く染まった太陽が朝憬市を見下ろす。朝憬市駅前中心街北東と南西でそれぞれ敵の襲来に備える少女と青年は、その光る闇色をそれぞれ睨んだ。少女は暗い太陽に自身が過去に負った”傷”を想起するも、上空の異変に天を仰ぐ街路の人々へ、広く注意を払って歩く。敵の存在をいち早く察知し、起こり得る悲劇を止めるために。
「——私が、皆の希望になるんだ」

南西の青年もまた、少女と同様に街の広場から周囲の人間の様子を探る。その内には怒りが煮え滾っていた。あどけない彼女の横顔——そこに陰りを落とした敵への怒り。周囲に気取られる前に視線を下に逸らし、その身を静止して誤魔化しこそするが、青年の目は強い殺気さえ宿っていた。ただ、あの美しく優しい人を脅かすものを屠るために。
「——人の希望たろうとするあの子を、もう泣かせたりしない」

少女と青年の決意と時を同じくして、黒いゴシック系の出で立ちの男女が朝憬駅前の大規模交差点を歩いていた。その黒い礼服とドレス、陶器のような白い肌のコントラスト、そしてその虚ろな眼差しは、上空に異様さがある中でもいくらか周囲の人間の目を引いた。
「なにアレ?やばくない?」
「キモいんだけど、ウケる」
そう反応する人々と目が合っても、二人は眉一つ動かさない。男が薄ら笑いを浮かべたのは、交差点の中央で立ち止まり周囲と暗い太陽を見渡した時だった。女は黒い日傘の下で無表情で男に問う。
「…そろそろ、始めるか?」
「ああ、儀式には足りるだろう」
男は掛けていたスクエア型の眼鏡を中指で押し上げて返答した。見開かれたその眼球は全て黒く染まっている。女もチョーカーのついた自身の首元を撫で、やはりその目の全てを黒く染めた。
「なら、やろう」
女が告げたと同時に男女の身体を黒い靄が包み、その姿が異形の存在へと変わっていく。男の顔には鋭く釣り上がったカマキリの双眼が伸び、変化した剛腕には大鎌を携えていた。女は右腕をバラの蕾を模した槍へと変化させ、赤黒い姿に花びらの衣装を纏う。瞬間、その場に居た者は皆この異形らから距離を取った。だが同時にスマートフォンのカメラ機能で彼らを撮影するシャッター音も鳴る。バラの異形が注意を向けたその音の先では、金髪の若者がスマートフォンを向けていた。
「すげえ、アンタら例の怪…」
「煩わしい羽虫だ」
「…あぁ?」
言葉を遮られた若者はバラを威嚇するが、次の瞬間には若者の腹を蕾の槍が貫き、その血が交差点のアスファルトを赤黒く染める。その様に周辺の人間の上げた悲鳴が、交差点に響き渡った。

——————————————————————————————

パニック状態の中、方々へ逃げる人たちの慌てふためく声が朝憬駅一帯に響く。だがその向こうから先の交差点に向け、それぞれ人の波に逆らい駆ける少女と青年の姿がそこにあった。少女の右手、そのブレスレットに宿る彼女の従者が、この混乱状態を受けて主人へ警鐘を鳴らす。
「人が多い…お嬢様、如何なさいます!?」
「このまま変身する!」
「本気ですか!?」
疾走と共に、赤い髪と学生服を靡かせて言う少女に、ブレスレットの従者がその驚愕の声を上げた。既にブレスレットが胸元に寄せられ、鳥を象った赤い宝石に左手が触れている。
少女の対方向を駆ける青年も懐のネックレスを取り出した。駆けながらそこに結ばれた天体を模したキーホルダーを握った瞬間、彼の内に在る存在——居候から忠告が飛んできた。
「後でどうなっても知らんぞ」
「後を考える余裕あるか?お前も構えろ!」
青年は居候に皮肉を返し、少女も従者に指示を告げる。
「交戦に入るタイミングで、あなたも出てきて!」
「承知!」
そして少女が叫ぶようにその呪い(まじない)詠唱し、青年はキーホルダーを握る右手に念を込めた。その瞬間、日食を起こしていた空が晴れ上がり、人々が一様に顔を上げた。
「チェンジ、フレイミングドレス!」
その時、二人の身体から光が発し、その構成が変わっていく。少女の髪は更に燃えるような赤となり、薄紅と深紅で彩られた羽衣を魔法による神秘と纏った。青年もまた甲虫を思わせる面、そして装甲を両腕と右脚に備え、両手に双剣を携える。
人々が太陽に気を取られている間に変身した二人は、そのまま走りゆく中で人を襲う低級の怪物らを薙ぎ払い、司令塔たるカマキリとバラの二体が暴れる交差点にたどり着く。今まさに逃げ遅れた人を手にかけようとしている二体を阻止すべく、攻撃を仕掛けた。
「イグニス・レッドアロー!」
その背に翼を宿して飛翔した少女が、携えた弓矢に炎の魔法を付与し、バラに向けてその矢を放つ。同時に甲虫となった青年が跳躍と共に掛け声を上げてカマキリへと剣を振り下ろした。
「余所見か、おい!」
二体は瞬時に矢と剣戟の直撃を避けるべく防御態勢を取る。間髪入れずに少女が声を張った。
「早く逃げて!」
「あ…」
すぐそこまで迫っていた脅威に対し、逃げ遅れた若い女性は未だ身を竦ませる。カマキリとバラは尚も獲物である彼女へと迫った。しかしそちらに攻撃が向かうことは、二人の内から飛び出した少女の従者である火の鳥と、青年の内の居候である白い鴉の異形が許さない。燃焼と共に突撃した火の鳥の翼がバラの身体を打ち、白鴉の大きな身体から繰り出される太刀とカマキリの大鎌が打ち合った。
「やらせはせんぞ!」
「俺らも混ぜろや」
火の鳥と白鴉の迎撃に、バラとカマキリは一時飛び退く。その隙に女性が逃げたのを確認すると、少女は怪物二体に向けて強く言った。
「この街に、手出しはさせない!」
しかし少女がそう告げた瞬間にバラがその左手を翳し、花びらを旋風と共に弾丸のように撃ち出す。その時即座に青年が少女の前に割って入り、その剣圧で花びらを弾き飛ばした。バラが舌打ちすると共に、蕾の槍を少女たちに向けて冷淡に告げる。
「招かれざる客だ、去ね」
「はっ、人間みたいなこと抜かすなよ。ゲテモノが」
そのままカマキリと共に突撃を仕掛けるバラを、青年は皮肉を交えて白鴉と共に迎撃した。双剣と大鎌、蕾の槍と太刀が互いを払い、薙ぎ、突く。それぞれの閃きと体躯が舞う中、躱し、防ぎ、翻る。そうして四者の閃きは衝突し、対峙する者へと迫った。その競り合いの中、火の鳥の羽ばたきが起こした炎の風が割って入る。四者はそこから跳び退るが、バラとカマキリが脚を運んだ先では少女の設置していた炎の魔法が火柱を立ち上らせた。
「イグニス・フレアウォール!」
しかしバラとカマキリは迸る炎を紙一重ですべて躱し、その際の跳躍と回転を活かして反撃に転じた。蕾の槍と大鎌を薙いだ圧力が衝撃波を形成し、青年と白鴉の身に迫りくる。咄嗟に防御こそしたが、その攻撃は青年たちを確かに怯ませる。
「流石にやるな…」
「もう弱音か…?」
「冗談言えよ」
青年と白鴉は軽口を叩き合いながら構え直すも、すぐに蕾の槍が伸縮して形成されたバラの蔓による攻撃が眼前に迫る。そして上空には跳躍と共に大鎌を振り下ろすカマキリの姿。求められる瞬時の判断。蔓は白鴉がその太刀を以て防ぎ、大鎌は青年が双剣で防ごうと上空へ飛びあがる。だがカマキリの剛腕による膂力で上空から振り下ろされる大鎌を青年が防ぐことは叶わないことは明白。
「やらせない!」
「ええい、ままよ!」
少女がカマキリに魔法の火炎弾を撃ち、火の鳥がその身の炎を以て突撃する。瞬間、迫る蔓の攻撃は白鴉の太刀が斬り捌いた。そして火炎弾を躱すも続く突撃をその身に受けたカマキリは、その勢いを減衰させる。大鎌と双剣がぶつかり、その瞬間に競り合うも辛うじて青年の双剣がカマキリと大鎌を空中で弾き飛ばした。
「今だぁっ!」
着地した青年と白鴉はすぐに双剣と太刀に青白い稲光を纏わせ、少女と火の鳥が魔力の奔流を弓矢と翼に込める。火炎の矢の射す先には魔法陣が形成され、少女の詠唱と青年たちの掛け声がその場にこだました。
「イグニス・プロミネンスシュート!」
「やああぁぁ!!」
双剣と太刀が振り下ろされた雷の斬撃が空中に放たれ、射られた火炎の矢が魔方陣を通過しその焔が敵めがけて飛ぶ。強く羽ばたく炎の翼からは、魔法を宿した羽の一つ一つが炎の槍を形成していた。その苛烈な攻撃に、バラとカマキリが叫ぶ。
「…やった?」
攻撃が着弾し爆発した煙を見て、少女が言った。しかし煙の合間——その向こうには、未だダメージを負いながらもこちらを睨みつけるバラのカマキリの姿が在った。

——————————————————————————————

「…しぶといな」
未だ怪物たちに挑みかかるように一歩前に歩を進める青年に、少女は一言問いかける。
「まだ、いける…?」
その目は細められ、眉は少し寄せられていた。その表情、自身を気遣う優しさに青年は静かに答えた。
「やれるだけやってみるさ…君の前だからな」
その目に込められた静かな力に、少女は一瞬表情を緩め微笑んだ。そして静かに、しかし力強く返答する。
「うん、信じるよ」
そうして二人は眼前の敵を見据えた。火の鳥と白鴉もその構えを崩すことなく二人と共に並び立った。
その様をカマキリは鼻で嗤い、バラは淡々と口火を切る。
「いいだろう、お前たちの儀式への参加を許す…これまでの狼藉とまとめて」
「ただし、供物としてだ。正義気取りが…さっさと処分されるがいい」
敵二体はそう告げるとバラが左手を、カマキリが右手を天に掲げた。そこから紫に輝く光が放たれる。するとすぐに低級の怪物の群れが交差点に現れた。召喚術を用いた伏兵に、少女たちは周囲を取り囲まれる形になる。少女は危機感に眉根を寄せた。
「早く我々を止めねば、皆死ぬぞ?」
「お前たちの気取る正義は、それを許すのか?」
嘲笑と共に、少女たちを揶揄する怪物たち。ただそこに生きる人の幸せを何だと思っているのか…少女の危機感が怒りと焦りに変わり、その表情を歪ませる。青年はいち早くそれを察知すると剣を握る手に力を籠め、視線を二体に戻すと一言告げた。
「殺される奴が語る正義なんてねえだろ、死ねよ」
「なに?」
その言葉に反応する怪物たちと同時に、少女と火の鳥が弾かれてように青年を見る。微動だにしなかったのは白鴉だけだったが、その眉根は確かに寄せられていた。青年は少女にだけ向けて小さく「大丈夫、悪いな」と告げる。この人はいつもそうだ。戦うときはいつも強がって凄むけれど、私にはいつも小さく謝ってくる。
「正義なんて便所に棄ててんだよこちとら…お前らクソどももそうしてやるつってんだ」
強いのか弱いのか分からないが恐らく後者だろう。この本来優しい人が覗かせる、この慟哭めいた表情は何なのだろうか。少女の胸中はその心を思う憂いに揺れ、痛みに疼いた。


//改修中失礼します!モルです。リュミエから始めるのはまだ良し悪しの判断がつかないけど、意図があるなら聞いてみたい…。改修中とのことなので評価は一旦置いておきます。また一部表現を追加したので、より自然な文章となるよう調整をお願いしてもいいでしょうか…?
//ギルです。文章は殆ど改修しないで済みました。リュミエから始めたのは、主人公としての彼女を印象付けたかった。それと、他にもいくつか変えたけど、それは話のテンポを最初から上げて、読者を引き付けたかったからかな?でも、書き方に囚われて書いてしまってた文章かもしれないし、モルにとって違和感があれば、リュミエから始める部分は控えるよ
//モルです。主人公としての彼女…ということなら、同じ主人公の健人も印象付けていいのかも…? 違和感はあるけど、それは悪い違和感じゃなくていい違和感かもしれないから、リュミエから始まる部分は一旦保留でお願いします!
//ギル、ようやくまた書いてます…リュミエから始まるくだりは、すみません。リーンサイドを追加してみてしまいました(;'∀')でも、リュミエからの文章はバックアップとってますので、ご安心を。それと、微細ですがいくらか直して、ほんのちょっと進んでみてます。(以下追記)一先ずここまでは書きました。ただ読み直す集中力も使ってしまったので、モルが良かったら余裕あるときにでも精査してもらえたら…(以下更に追記)その後自分でも文章を追加しつつ読み直したつもりですが、このアップデートはモルにとってどう映るか…一先ず置いときます。

メモを更新するにはあいことばの入力が必要です

0

メモを他の人に見せる

このメモを見せたい人に、このURL(今開いているページのURLです)を教えてあげてください

コメント(0)

  • someone

  • someone