0 No.1 2 / 4 (Update) みんなに公開

2020年4月13日。その日の朝憬英道大学文学部一回生、花森健人(ハナモリケント)のスケジュールは、言語学と哲学概論の講義が午前中に1コマずつ。午後は自宅アパートの最寄りの古本屋兼ゲームショップ“ぶりっじ”でのアルバイト勤務が3時間だった。
「…腰痛い」
昨日は3時間も姿勢悪く、机に座してパソコンで”落書き”を描いていたからか、19歳にして時折少々感じる腰痛が出てきている。そんな一日の始まり、おまけに月曜日———面倒以外の何物でもない。起きるの怠い…ホント怠い。一応タスクは軽めにしているが、この起き抜けにカーテンの向こうから差し込んでくる朝日。不意に突き付けられる現実感。こうも身体も意識も重苦しい日には、布団の外には出たくない。スマートフォンのアラームが鳴る。二週間前、大学入学と同時に買い換えたばかりで、その音色は初期設定のままだ。そのエレクトロな音色が、未だカーテンを閉めきった薄暗い部屋の中に響く。
「あぁ…」
訪れる一日の始まりの音が鬱陶しい。まだ少し意識が微睡むその間も、アラームは規則的なリズムで鳴動を続ける。そう急かすなよ、頼むから…健人はスマートフォンを半開きの眼で睨みつけ、その電源ボタンを押すと、光るディスプレイに表示されたロック画面を操作する。“AM6:30”と表示するアラームアプリを憎々し気に停止した後、彼はベッドからその身を起こした。布団の温かさから離れてすぐは、まだ4月中旬の気温は少し肌寒い。カーテンを開けて朝日を部屋に取り込むも、その眩しさに目を細めてしまう。“気持ちがしんどくならないように、日当たりだけはいい場所を”と両親に言われて借りた1Kだが、特段感情に変化はない。一日の最初の一呼吸には、冷たさと虚無が含まれていた。

9:00開始の言語学の講義では、人の意思疎通の媒体である言葉、その本質というものについて教授が論じ、続いて10:40の哲学概論では、世界の成り立ちや人間とは何かを教授が学生に問いただす。だが健人はそれに真面目に取り組もうとは思えなかった。そんなことが何だというのか。分かったようなことを言いたいだけだろう?心中でそんな台詞を吐き捨て、講義を聞き流しながら、座した長机の下でスマホゲームの周回に勤しむ。やがてゲーム内のスタミナが無くなれば、ノートを取るフリをしながら、彼は自分の空想するキャラクターのラフ画を”落書き”していた。“ただ平穏にいること”…それが、くたびれた残りの人生をやり過ごすために、健人が唯一心掛けることだった。
 午後に入ると、キャンパス内にある学生食堂の隅で健人は一人、唐揚げ定食を食べ、大学を出て“ぶりっじ朝憬店”に向かうべく自転車を漕ぐ。到着して仕事仲間に一応の挨拶を交わし、仕事着であるネイビーブルーのエプロンを肩にかけたころには時間は12:53だった。基本的にシフトは平日の昼間に入れることにしている。勤め始めたばかりということがあり、この時間から慣れようという店側の配慮もあってのことだが、正直忙しい時間にシフトを入れられるなど冗談ではない。オタク趣味で特撮を始め、漫画やゲームをそこそこ嗜んでいたから、これらを扱っているぶりっじでのバイトを始めてみたが、面倒な接客・電話対応、一向に慣れないレジ打ち、商品の配置やバックヤードの管理は法則がわからない…要はこれら全てが向いていない。今日も同僚であるパートの主婦、松山にゲームソフトの包装の仕方がなってないと指導を受ける。それは仕方ないとしても、すぐに「違うでしょう」とこちらの余裕を奪う言い方をしてくる、険しいおばさんの顔の皺を見ながらふと思った。気楽なもんだ…この人生やってみろよ。
 バイトを終え、アパートに帰ろうと17時前にぶりっじから発った。どこか遠くに行きたいと思うが、そうしたところでこの息苦しさは付いて回る。“花森健人の自我”とこの“息苦しさ”は切り離すことは難く、どこかに置いていくこともできない。最初からそういう構造の人間だからだ。
近所のスーパーで一応の自炊のための食材を買いに行かねばならない。しかし自身の構造を呪う思考や、ここまでの人生に係わってきた全てを嘲りたい醜悪な感情に、健人の心は乗っ取られる。今はせめて、そこから離れたい。自転車は遂に目的地のスーパーとは別方向へ走り出した。

ペダルを漕ぐ足が止まったら、自分の呼吸まで止まってしまうような気がして、健人は自転車を漕ぎ続けていた。しかしやがて自転車の速度は緩み、ペダルやタイヤと連動していたライトは消える。周囲の景色は夜空の闇に包まれ、木々や林の影が目立っていた。辺りに人は誰もいない。だが街の北東、郊外からおおよそ5キロほど離れた場所に位置する展望台から、淡い光が発せられている。最後にあの光を目指したのはいつだったろうか…その時のことを考えると、不思議と自身を呪う思考は鳴りを潜めた。肩で息をしたままではあるが、再度ペダルを漕ぐ足に力を籠め視線を前方に戻す。その時———

目の前に、異形がいた。
「その虚ろ、頂こうか…」

不意に眼前に迫る異形の人型。闇夜の中、薄ぼんやりとした街灯の明かりが、烏を想起させるその黒い相貌を浮かばせる。人間のそれではない赤い眼が、健人を捉えて離さない。
「…えっ」
息を飲みながら不意に口から転げ出たのは、そんな呆気ない言葉だった。脳が恐怖を理解するよりも前に、身が竦み上がる。次の瞬間には烏に握られた太刀が健人の胸に突き刺さっていた———否、沈み込んでいた。
 健人はその異質な感覚に視線を胸元に下す。胸は血が噴き出ることはなく、また皮膚を貫かれたわけでもない。代わりに胸には沈み込んだ太刀を中心として闇色の汚濁が溢れた。それは渦となり、奔流となってそれこそ返り血のように噴きあがる。叫びだす瞬間、口を塞ぐように顔から掴み上げられた。烏の腕を引きはがそうと藻掻くように自身の手が動くも、その凄まじい力には及ばない。つま先立ちになった足元に自転車が倒れる。
生命の恐怖。ついに止まりそうになる呼吸。焦点を失った健人の目からは涙がこぼれる。
”―――何で俺なんだ”
溢れ出る汚濁の奔流を浴びる烏は、その様をただ憮然として見つめていた。

メモを更新するにはあいことばの入力が必要です

0

メモを他の人に見せる

このメモを見せたい人に、このURL(今開いているページのURLです)を教えてあげてください

コメント(0)

  • someone

  • someone