0 ギルのプロット No.1~ みんなに公開

No.1 変身と誕生 アバン
作中序盤から中盤に当たる部分の一部を先んじて公開。読者を惹きつける目的。

ある日、突如として朝憬市の上空の太陽が、日食で暗くなった。
時を同じくして中心街駅交差点をゴシック系の出で立ちで歩いていた男女が異形の存在へと変身して周囲の人間を襲う。また彼らは他の異形を指揮していた。
その時、異形たちが暴れる現場に赤髪の魔女と火の鳥、そして甲虫の戦士と白い鴉が現れて彼らと対峙する。
激しい交戦の中、異形らと魔女たちの力は拮抗するも、異形らの挑発に甲虫が「正義など棄てた」と不穏な言葉を返し、魔女はその胸中を憂いに揺らした。
No.1 1/3
花森健人が事に巻き込まれる導入

英道大学福祉科二回生である花森健人は、その日も怠惰ながらも努めて平穏に過ごしていた。
隣で他の学生らが話す”赤髪の魔女”と”怪物”の都市伝説。それを講義と共に聞き流すと、健人は学友の横尾和明にポツリと言う。
"何で俺、この勉強してるんだっけ?"
その後、健人は気遣われたこともあって和明と共に食事し、自身が"人を大切に思うこと"を見失って2年だと話す。
ヴェムルアと呼ばれる黒コートの男が、使者である一体の異形から報告を受ける。
"件のアズの所在を確認。当該人物を速やかに捕えるよう、ヴェムルア様に特命が下りました”
ヴェムルアはなぜ自分に特命が下ったのかを疑問に思いながらも、これを受諾し使者に対して開示しうる情報の提供を求める。
"逆にさ、人を大切にしたい切っ掛けって、何だった?"
"月並みだけどさ、思い出すのはアリかもな。その時の気持ち"
次の講義まで待つ間、そんな和明の言葉に少し思案する健人は"思い出せるものなのかな…?"と億劫さを前面に出して言う。乗り気になれない健人の様子に対して、和明は思い出したくないのか確認する。
"…今更、面倒なんだ"
"そうみたいだな…ただ、解釈が違うかもだけど、俺には花っち自身がその面倒さに執着してるように見える"
確信を突かれた健人は、そのまま講義中も思案していた。
その後、健人は"切っ掛けになった人"である日原望結という昔世話になったカウンセラーに数年ぶりに電話をかける。
たどたどしいながらも、カウンセリングという形でもいいので会えないかを聞く健人。望結は少し間を置きながらも承諾し、翌日の昼に会うこととなった。ヴェムルアが件のアズである彼女を狙うことなど知る由もなく…
No.1 2/3
健人のリーンへの変身とネーゲル誕生

日原と外で対面した健人だが、話し方はぎこちない。日原は静かに、丁寧に健人の言葉を聞き、時に問いを投げかける。やがて朗らかに話していく二人。
そうして時間は静かに過ぎ、その場に夕焼けが射し始めた頃、日原はポツリと言った。
”健人君、最後にまた会えて良かったよ——”
日原はカウンセラーの仕事を辞し、実家に帰るつもりだったという。
そうして二人が別れの挨拶を終えようとした時、ヴェムルアが二人を襲った。
”君を捕えよとの命を受けた。或いは生死は問わぬと…”
※日原がエクリプスの活動への対処や苗床にされた人への療法に関しての理論を確立させようとしていたため

動揺し恐怖する健人を庇う日原だが、程なく彼女は怪物に重傷を負わされその命を散らしてしまう。
そして怒りと恐怖の中で、健人もまたヴェムルアの手に掛かろうとしていた。
迫る魔手が青い光を放って健人の胸に突き立てられ、虚空が広がる。殺される恐怖、守れなかった恩人、悔恨と怒り、そして絶望。
しかしその時、胸に掛かったキーホルダーが輝き、その光がヴェムルアの腕を焼き切った。そして煌々とした光が更に赤く明滅し、健人を包み込んだ。やがて目を開くとそこには巨大な白銀の烏を思わせる異形が立っており、自身は甲虫を思わせる装甲を纏っていた。
「何なんだよ、これ…こいつも、俺の身体も」
一連の状況と白鴉の存在、そして自身の変化にに混乱する健人。しかし怒るヴェムルアは、間髪入れず棍を携え健人たちに迫る。だが白鴉は健人を庇うようにその攻撃を太刀で防いだ。
「貴様、エクリプスか?」
「さあ、何じゃろうな…」
白鴉はそのまま棍を弾くと、すぐに健人に向けて言い放つ。
「立て」
No.1 3/3
戦闘シーンを入れて締めとする

「えっ…」
「無力呪って死ぬか、立って構えるかどっちじゃ?」
尚も迫りくる棍と太刀が衝突する中、白銀に問われるも健人の身体は動かない。
「敵討ちもせんのか、腑抜けが!」
やがて太刀が躱され、ヴェムルアの棍は健人へと振り下ろされようとした。しかしその時、健人は寸でのところで右腕の槍で棍を止める。
「ピーチャカ喚くな…クソが」
そのまま健人の甲虫の左脚が悪魔の鳩尾を押し蹴った。
見開かれ、据わった健人の目が、ヴェムルアに真っ直ぐ向けられる。
「威勢よく囀ってくれるわ、小僧ども」
「死ね、バケモン…俺はあの人みたいに優しくねえぞ」
健人はヴェムルアに突撃し、捨て身の攻撃を繰り返す。しかし片腕のヴェムルアの反撃を援護する白鴉が防ぎ、さらに攻撃を加えていく。片や混乱と疲弊、片や欠損。これ以上の戦闘継続は異議なしとヴェムルアが判断すると共に、互いの全力の攻撃が衝突する。その衝撃が静まると、ヴェムルアも白烏も姿を消した。そして健人はその場で昏倒してしまった。
No.2 アバン
No.1のその後を描写しつつ、No.2への導入。

その後、病院で目覚める健人。傍らには母の純子の泣き晴らした顔があった。
「母さん…」
「健、良かった…」
その後、家族と共に何があったかを状況を整理するものの、事があった現場には日原の遺体は無かったという。
健人は自身に起きた現実離れした事象も併せ、自身の体験の全てを家族と共有することは叶わなかった。
ヴェルムアは先の事の顛末について、フォーマルスーツを纏う茶髪の青年=カイルスに詰問を受ける。応酬する二者。日原が確立した理論の存在を認識しており、これを押さえたいカイルスは、ヴェムルアから巧みに健人の存在を聞き出す。そして勢いづいている部下であるペティバス(ラットのエクリプス)の能力で健人に迫ろうとする。
No.2 1/3 説明と慟哭
No.1の後の健人の日常の変化。それに対する戸惑いとネーゲルからの最低限の説明。

健人が退院したのはその三日後だった。やはり日原とは一切連絡はつかない。鉛のような重さを抱えながらも、健人は日常を取り戻すべく大学に出向く。
自身に何が起ころうと、世の中も何が変わるわけでもない。
そんな干渉に浸りながらも健人は和明と合流する。
「花っち、あの後大学来ないから心配したぞ」
「どうだった?きっかけの人とは話せた?」
その問いに当初の目的を思い返す。しかし状況が目まぐるしく変わっているにも関わらず、説明することができない。
和明に対しての応答も上手くできず、気遣われながらその場を去ると、先の白鴉の声が脳裏に響いた。
「俺にわかることだけでも教えてやろうか?」
とうとう自身の気が触れたか。健人はそう認識しそうになるものの、白鴉ネーゲルと共に人の居ない場所——街の展望台に向かう。
そこでキーホルダーを握ると、小さい姿のネーゲル(以下、ちびネーゲル)が健人の前に現れた。驚く健人をよそにネーゲルは先の怪物について説明する。
エクリプスという名の彼らは知性体の絶望を餌とし、また対象に自身らの因子を植え付けその数を増やしていくという。
「お前は夢じゃない。で、お前は奴らと…」
「身体の構成はほぼ同じ」
「…俺の身体は——」
「お前も奴らに近い形じゃ」
「ミユ姉は——」
「…見た通りじゃ」
「ふざけんな!」
叫ぶ健人。しかしそれが現実。
処理が追いつかないが受け止めるしかない。だが受け止め切れない。
「…どうすりゃいいよ、おい」
嘆く健人に、ネーゲルも軽々しく口は開けない。
健人はスマホを取り出し、純子に連絡しようとする。しかしネーゲルがそれを制止した。
「奴らの脅威に巻き込む気か?」
「…あ?」
「目立てば奴らが来る…家族じゃろ?」
「人間でもないお前が言う事か」
「どういうわけか、お前のことは多少なり理解しとる」
震えながらの沈黙。健人はネーゲルに今一度問う。
「俺、死んだほうがいいか?」
「何?」
「誰かを傷つける前に——」
「その腑抜けた根性ごと切ってもええが、お前それ本心か?」
No.2 2/3
情けなさと一先ずの悲劇への抵抗。状況に対し踏み留まるためのパート。

ペティバスが先の現場、病院、そして英道大学と健人とネーゲルの匂いを辿り、確実に近づいてくる。(その身に宿る情報の比喩。ペティバスは過敏な嗅覚を持つ者の苦しみから生まれた)
その中でも特に健人と時間を共有している和明に近づきつつあった。
純子の涙を思い返し、自殺的な考え方を踏み留まる健人。その直後に鳴動するスマホを取ると、和明からのメールだった。
「花っち、急なメールだけど送らせてもらった。こないだとか、しんどそうに見えた今日とか、俺に出来ることなんてないかもだけどさ…俺は花っちの味方だ。それだけは伝えとくな」
健人はその誠意を糧に自身を繋ぎとめる。ネーゲルに先と同様に窘められるも、「核心的なことは言わない」と返し、健人は和明に電話を掛けた。
電話に出た和明は静かに健人の話を聴く。健人は事に関する直接的な表現は使わず、回りくどくなりながらも懸命に話した。和明の真摯な考えと言葉に触れ、健人は可能な限りでも踏み留まろうと決意し始める。
「——行けるとこまで行ってみるよ」
しかしその時、和明の前にペティバスが襲来。和明の叫びに、健人はネーゲルと共に大学へと走った。
和明は健人をおびき寄せ餌、そして人質として昏倒させられるも、他に危害は加えられてはいない。
一方大学へ向かう健人。鳴動するスマホを見ると、そこには和明が名前が表示される。健人が電話に出ると、上記の旨が伝えられ、取引を持ち掛けられる。
「我々は君というイレギュラーがどういうものかを理解したい。何、それを教えてくれれば友達は解放しよう。C棟3階、大きめの講義室があるだろう?そこで待っているよ」
No.2 3/3
ペティバスとの取引と戦闘。和明の救出。

罠と分かりながらも大学内、指定の場所に辿り着いた健人。昏倒する和明を見つけ、駆け寄ろうとする。しかしその瞬間、潜んでいたペティバス=ラットの噛みつきが健人を襲う。
「取引じゃねえのかよ!」
「理解したいとは言ったが、対話するとは言っていない」
健人はキーホルダーを握って甲虫に変身するも、大学内であるためにネーゲル召喚は躊躇われる。そのまま講義室内で激しく戦闘する二者。しかしペティバスは和明の近くを陣取っており、健人は思い切った行動も出来ない。
ジリ貧かと思われた時、ちびネーゲルが飛び出して和明の目を覚まさせる。和明は眼前の光景に驚愕と脅威、恐怖を抱くも、ちびネーゲルのサポートもあって安全確保には成功。講義室のある三階から一階へと飛び出す両者。その時単純に戦闘に慣れていない健人がふらつき、それまで優位を確保していたペティバスがとどめを刺さんと迫りくる。しかしその時、ネーゲルが本来の大きさに戻り、ペティバスの攻撃を寸でで止める。そのゼロ距離のままネーゲルはペティバスを一閃した。そして変身を解いた健人だが、和明がそこに駆け付けてしまう。

//モルです。とてもいい感じです! こうして一度プロットでお互いのすり合わせをしておけば本文を書いてからの諸問題がぐっと減るから創りやすくなるはず…! 日原望結を1話から出すこと、重要な情報を握るアズの1人にしたことは現時点では善し悪しの判断がつかないので、引き続き進捗を見守らせてください。モル的には、重要な情報ってなんだろう、最後にってどういう意味だろうとワクワクしているところです。
//ギルです。モルの書いて下さった大枠のプロットと、少し様子が違ってたら申し訳ないですが、大きな目で見て頂けたらと思います(;'∀')…実際、そこまで急激には変わっていないはずですから、また良かったら思いのほどを伺いたいです(日原望結の重要情報等が、今後に関わりかねないものを急に入れてはしまいましたが…(゜-゜))

メモを更新するにはあいことばの入力が必要です

0

メモを他の人に見せる

このメモを見せたい人に、このURL(今開いているページのURLです)を教えてあげてください

コメント(0)

  • someone

  • someone